光熱費節約

毎月の家計の中で必ず支払うのが光熱費だと思います。
電気代、ガス代、そして水道代は節約してゼロになるということはないですが、気を抜いて使っていると、結構かかってしまうものです。
日頃から、節約を心がけて、無駄な光熱費、水道代を使わないようにしましょう。

 

電気代

電気代を節約するには、やはりこまめに電気を切ることです。


電気でお湯を沸かすタイプの魔法瓶を、ずっと保温にしておくのは電気の無駄になってしまいますので、なるべく保温効果が高い魔法瓶を使うか、その都度沸かした方が経済的です。
普段あまり使わないような廊下や玄関の電灯は、できればLED電球に交換した方が消費電力が少なくてすむでしょう。
リビングの電球もLEDがいいのですが、暗いという声もありますので、そこは自分にあったものを使うといいと思います。

 

電子レンジとオーブン

電子レンジと兼用のオーブンを使って、お菓子やパンを作るのが好きな方は、非常に電気を消費しているということを理解しておいた方がいいと思います。
焦げ目をつけるぐらいだったら、大きめのオーブントースターを購入した方が、加熱時間が少なくて済みます。
もし、プロ並みにしょっちゅうオーブンを使用するなら、価格も高くなりますが、ガスオーブンの使用も検討した方がいいでしょう。

 

ガス代

ガス代で一番使うのは、お風呂のお湯を沸かす時です。


冬場など、何度も追いだきをしていると、かなりガス代が高くなってしまいます。
なるべく、家族が入る直前に沸かして、間があかないように入浴した方がいいです。
そして、どうしても間があいてしまう場合は、アルミの保温シートをお湯に張っておくと、お湯の温度が下がるのをある程度防いでくれます。

 

水道代

水道代も、やはりお風呂で一番かかっていると思いますが、今は翌日洗濯に使えるように、洗濯機にポンプがついていたりと、再利用している方も多いと思います。
また、意外に使っているのがトイレです。


赤ちゃんが生まれたご家庭で、おむつがはずれてトイレを使うようになったら、水道代が確実にあがったという話も聞きます。
かといってトイレを我慢するのはナンセンスですので、リフォームの機会があったら節水タイプのトイレを選ぶようにしましょう。
シャワーや、歯を磨く時に水を出しっぱなしにしてしまう癖がある人も、何秒か出しっぱなしするだけでもかなりの量の水が出てしまうので、かならず止めるようにしましょう。
シャワーにつける、ワンタッチで水を止められる止水栓が売られているので、これを利用すると、シャワーの温度を再調整せずに使うことができます。