卵・鳥料理で食費節約

卵・鳥料理で食費節約

節約料理でかかせない食材と言えば、卵と鳥のむね肉だと思います。
良質なたんぱく質が含まれて、栄養満点の食材の中では、一番のコストパフォーマンスだといえるでしょう。

 

卵のセールは・・・

また、卵は特売になるのを狙って買う人も多いと思いますが、卵でお客さんを呼びたいスーパーも多いので、よく情報収集すると定期的に98円のセールをやっているお店もあると思います。

 

私の近隣の例でいうと、大手スーパーであるセブン&アイ(イトーヨーカドー)では、ちらしを配る時に100個限定などと限定数をもって、98円セールをしたりします。
そういう時は、開店前から長蛇の列になって、まわりも車でそれ目当てに行く人が増えて、渋滞がおきるほどです。
でも、わりと近所の小さいスーパーでは毎週水曜日に98円で卵を売っていますし、少し離れた大きいドラッグストアだったら、毎日98円で卵を売っています。
この現象を見ると、意外にまわりにどんな価格で卵が売られているか、知らない人って多いのだなと思います。
どうしても、いつも買うお店のセールばかりしか目に入らない人が多いようですが、ちょっとお友達に聞いてみたり、足を伸ばしてみたりすると、意外なところでお買い得商品が見つかるのではないかと思います。

 

むね肉もパサつかない

さて、卵と鳥のむね肉で思いつく料理といえば、まずは親子丼です。
むね肉はご存じの方も多いでしょうが、そのまま調理すると、パサついて、あまり美味しく感じられません。安いからしょうがないとあきらめずに、しっとりジューシーに食べられるようなひと手間が大事です。
下ごしらえの時に、むね肉に軽く片栗粉をまぶしておくと、パサつきを防ぐことができます。
そして、親子丼の場合だったら、この片栗粉がいい感じにだし汁にとろみをつけてくれますので、お店のようなトロトロ感を出すことができます。

 

卵は、10個で98円で購入できたら、1個は10円しないわけですから、朝ごはんは卵料理を定番にしたいものです。
卵かけご飯でもいいですし、目玉焼きでもいいので、我が家の朝ごはんの定番は卵と決めておくと、朝何を食べようか悩む必要もありません。

 

鳥のむね肉を美味しく食べる方法として、鳥天という大分の郷土料理があります。
これは、鶏肉を天ぷらの衣をつけて揚げて、ポン酢で食べるものなのですが、鳥の唐揚げ、竜田揚げしか食べたことがない人にとっては結構驚くほど美味しいものです。
むね肉でも十分ジューシーにできます。
またむね肉で作るハムというのも流行しましたので、検索すればレシピが見れると思います。
美味しく食べて、節約しましょう!